愛媛大学図書館ホームページへ  > お知らせ  > 過去のお知らせ

全館向け

投稿者:総務チーム(更新日:2013-12-12)

愛媛大学三輪田米山展記念講演会を開催しました【12月8日(日)】

 愛媛大学では,三輪田米山(みわだ べいざん)の顕彰及び米山展の記念イベントとして,教育学部,ミュージアム及び図書館主催で,平成25年12月8日(日)に三輪田米山展記念講演会を開催しました。
 三輪田米山は,明治維新をはさんだ激動の時代に生きた,伊予松山の神官であり書道家です。全国には,その豪快でエネルギーに満ちた書の熱狂的なファンが大勢います。本学は,故浅海蘇山愛媛大学教授の尽力により,米山日記等の関連資料を多数所蔵しており,その縁で愛媛大学ミュージアムにおいて特別展示をしています。今年は,第4回三輪田米山展として「二行書 氣韻生動」を平成26年1月末まで開催中で,今回の講演会はこれを記念して開催したものです。記念講演では,本学教育学部長であり,米山顕彰会会長として米山の研究に関わっている三浦和尚氏が,「私と米山 私の米山」と題して,自らの米山への熱い想いや,米山の書を地域性や時代背景などの切り口から語ってくださいました。
 会場には,県内外から米山ファンら約160人がつめかけ,三浦氏の語る「地域における米山」,「私の好きな米山」及び「米山について思うこと」について熱心に耳を傾けました。
 参加者からは,「多くの例をスライドで見せていただきながら話が聞けて,米山の魅力がよくわかった。」,「米山の書は,当時から松山の文化度が高かったために大切に保存されていたことがわかり,地域に愛される米山であったことに感動した。」などの声が寄せられました。
 
熱く語る三浦教育学部長/講演会の様子




図書館ホームページへ